スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村の人たちの暮らし方

08 21, 2006 | 秋那桶

0

村の人たちと生活していて学んだこと。
それは何一つ無駄なものはないということ。

例えば、私たちの感覚だったら、食事をした後食器を洗うとき普通に洗剤で洗ってそのまま水で流してしまいますよね。
でもこの村の人たちは違います。
食器はお湯を張った桶のなかでこちょこちょと濯ぎ
そのお湯は捨てずに大きい中華鍋の中に入れてとっておきます。
野菜をむいた皮などもその鍋の中に入れていおきます。

これはあとで家畜のえさをこしらえるときにこの鍋をほかのものとかも入れて火にかけるのです。

言葉が通じないのでそう説明を受けたわけではないのですが
そんなようなことをしていたようでした。

それと、梅かなんかの種。
私たちだったら捨ててしまいますよね。
でも村の人たちはその種を石で砕き、中の核の部分はとっておき(多分人間が食べる)外の殻の部分はブタのえさになります。
こんな硬いのブタがたべるのかな?と思ったけど
あげるとおいしそうにカリカリといい音をたてて食べてました。

そして乾燥させたトウモロコシの実の部分は売り物ですが
残った芯の部分は火を起こすときの着火に使えます。

それから、ご飯を食べた後食べかすがテーブルの上やら下やらに散らかりますよね。
でも掃除は無用。犬やニワトリがキレイにしてくれます。

そう、何一つとして無駄なものがないんです!

なんてすばらしいんだろうと、
なんて賢い生活をしてるんだろう!と・・
ほんとに村の人たちと生活してみて学んだことは多かったです。。


202531867_56.jpg
朝はトウモロコシを焼いてくれました。
これがまた旨い!


202531867_230.jpg
これはお米を発酵させたお酒
甘くてまろやかで私はこれが大好きで、朝晩頂いてました。。


202531867_77.jpg
キッチン。
窓が小さいので昼間も薄暗い。
夜は電気をつけるけど電力が弱いのか薄暗い。


スポンサーサイト

雲南省、怒族の村を訪ねる

08 21, 2006 | 秋那桶

0

大理からバスに乗り、ミニバンに乗り、トラックに乗り、
そして最後は自らの足でようやっとたどり着いたのが
怒族が暮らす秋那桶(チウナトン)という村。

202502197_78.jpg

そこはまさに「村」という感じのところで
山の斜面に山小屋のような家々がぽつぽつと建ち
ニワトリや豚などの家畜が「コッコッコ、ブヒブヒ!」とそこらじゅうを駆け回り、
家の煙突からは煙が立ち上がり、
すぐそばには川が流れ・・・。
そしてその辺りでは主にとうもろこしを栽培していて
家のまわりにはトウモロコシ畑に囲まれています。
まさに村の素朴な暮らしがそこにはありました。

ここの村へ行くのにトラックに乗せてもらったのですが
途中からは歩いていかなければならず
しばらくハァハァいいながら山を登っていくと

第一村人発見!

「ここって秋那桶村ですよね?」と訊くと
「ああ、そうだよ」
「どこか泊まれるところないですかね?」と訊くと

上のほうを指差すので、さらに上っていくと・・・

第二村人発見!

「あのー、泊まるところを探してるんですけど・・」
と言うと
「おーい!○○や!」と誰かを呼んでいて
すると山小屋からその人の息子らしき人が出てきて

「ニーハオ!」と私を笑顔で迎えてくれました。

李さんという方のお宅で、お母さんと息子さんとお嫁さんの3人暮らしをされていて、そこの家に泊めていただくことになったのです。

村には特に宿泊施設というものは無く、
村の人が空いている部屋を訪れた人に提供しているようで、
私が泊まることになった部屋も今まで息子さん夫婦や近所の子供がくつろいでた部屋でした。
なんかお邪魔してすみませんというかんじで
そこの部屋を使わせていただきました。

そこの村では特に何をしたというわけではないのですが
農民の人と共に生活していて勉強になったことは
たくさんありました。

続きは次の日記へ・・



202502197_177.jpg
ここの村に人はキリスト教徒が多くて、こんな山奥でもちゃんと教会があります 。







RSS
プロフィール

keiko miyata

Author:keiko miyata
2012年11月。インド、バンガロールの外れに自家焙煎珈琲店をオープン。インド産アラビカコーヒー豆を売っています。

自家焙煎ジェイスワル珈琲
www.jaiswalcoffee.com



★写真にハマっていた頃の旅写真はこちら!
   ↓
miyatakeフォト
http://mkco.exblog.jp/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。